読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iSCSI Target の設定メモ

概要

iSCGI Target 3.3 の設定でつまった際のメモ.
iSCSI Target をインストールした PC からは iSCGI イニシエータでストレージに接続できない (?) 点に注意する.

環境
  • iSCGI Target をインストールするマシン (ホスト)
    • IP: 192.168.1.1
    • IQN: ※ 設定には不要 (?)
  • クライアント A
    • IP: ※ 設定には不要
    • IQN: iqn-hoge (iSCSI イニシエータを起動 -> [構成]で確認)
  • クライアント B
    • IP: ※ 設定には不要
    • IQN: iqn-fuga (iSCSI イニシエータを起動 -> [構成]で確認)

iSCGI Target をインストールするマシン (ホスト)

  1. iSCGI Target をインストール
  2. iSCGI ターゲットの作成
    • クライアントA と B の IQN (iqn-hoge と iqn-fuga) をここで登録
  3. 仮装ディスクの追加とか

クライアント側

  1. iSCSI イニシエータを起動
  2. ホストマシンの IP (192.168.1.1) を入力
  3. ディスク管理からパーティションを利用可能にする

※ ホストマシンは iSCSI イニシエータで接続不可能 (?)